夫が突然アメリカ出向になり家族もついていくことになった

アメリカ出向を命じられ、親子共々夫についていくことになったので、準備から渡米後のあれこれについて記録していきます。

渡米準備その2犬編

マイクロチップ挿入後、1回目の狂犬病の注射を行い、その1ヶ月後にまた2回目の狂犬病注射を行った。(注:2回目の狂犬病注射から1ヶ月以上あけて渡米日を設定しないといけない。)

そしてその1週間後に血清検査を行った。(2回目の狂犬病接種時に採血もありだが、担当の獣医はとても慎重かつ犬想いなので、日を空けてあげようよとの提案により、1週間日を空けた。)

血清検査は2.5mlも血をとらなければいけないため、小さな体から注射一本分の血をとるのは至難の技らしい。。ほとんどの犬が暴れるらしいが、おとなしくしてくれていたので、約2分に及ぶ採血を無事に終えることができた。結果は7/27に出る予定。

 

これで一通り動物病院で行うことは終了となる。

あとは、飛行機のチケットをとったら2週間前までに動物検疫所へ連絡をし、離陸前のアポをとらなければならない。そこで書類などの最終確認を行う予定。

無事に渡米できることを願うばかり。。。