夫が突然アメリカ出向になり家族もついていくことになった

アメリカ出向を命じられ、親子共々夫についていくことになったので、準備から渡米後のあれこれについて記録していきます。

犬と一緒に出国する日の出来事(後半)

いよいよ出国ゲートへ。

すんなり通って搭乗ゲートロビーへ向かう。

ここでの待ち時間は45分ほどあったので、

トイレに連れて行こうか迷ったが、

もうすでにオムツを装着したのでそのままケージに。

搭乗案内があり、機内へ。

デルタ航空のエコノミーでは4匹までペットの同乗が認められている。

今回の機内ではどうやらうちだけだったようだ。

周りの人はケージを見て驚いている。

 

私は2列目の通路側。

右隣に二人アメリカ人のカップルがいたので、

犬がいることを告げる。

すると女性の方が、私も犬を飼っているのと言ってくださり、

少しほっとする。

 

離陸時の騒音にびっくりして吠えるかどうか不安だったが、

ケージの小さな穴に指を入れて撫でていたら、

落ち着いて吠えることはなかった。

犬は時々ケージ内で身震いをしたり、ほったりする行為はあったが、

吠えることは1度もなく、出して欲しいという要求もなく、

約11時間ケージの中にとどまって耐えてくれた。

 

他人のブログには、機内にあるトイレに連れて行って、

ケージから出した人もいたらしいが、

もしそれをやってしまうと、また出してくれと要求があるかもしれないと思い、

うちは終始ケージにいさせることにした。

また、周りの目も気になるので・・・。

私がトイレに行ったりしても、とくに吠えることもなく、

長時間おとなしく寝ていたので本当に安心した。

 

ようやく長いフライトを終え、今度は入国審査。

まだまだ犬はケージの中。

入国審査では犬が一緒だということのみ告げるだけだった。

入国審査後スーツケースを取り、

その後出口をでるところにパスポートチェックするゲートがあり、

そこではじめて動物検疫所からもらったORIGINALと書かれた書類を見せた。

一通り目を通されて返却された。

書類のことを英語でなんて言ったか忘れてしまったが、

最初理解できなくて戸惑ってしまったが、

これかな?と勘で出したら正解だったので、ホッと一安心した。

 

これで無事に入国!できたー!!

 

地下鉄に直結しているので、

あと15分だけ犬には我慢してもらい、

電車を降りた後にようやくケージから出して解放!

解放した途端に大をしたので、

相当我慢していたんだなと思った。

その後はしばらく芝生の上で遊ばせたかったが、

用を済ませたらまたケージに入りたがるので、

まだまだ不安なんだなと思った。

ちなみにオムツはパンパンでした。