夫が突然アメリカ出向になり家族もついていくことになった

アメリカ出向を命じられ、親子共々夫についていくことになったので、準備から渡米後のあれこれについて記録していきます。

運転

アメリカは州によっても法が違ったりルールが違ったりするので、
これから書くのはあくまでミネソタ州のお話です。

道路事情。
まず、郊外に住むなら車がないとだいぶ行動範囲は狭くなります。
なので、車は必須ですね。

※日本は左側通行ーアメリカは右側通行
※日本は右ハンドルーアメリカは左ハンドル
※日本は右左折指示器が右ーアメリカは右左折指示器が左
※日本はワイパーが左ーアメリカはワイパーが右
以上のように、運転するには全て逆です。
なので、運転し始めの頃は右左折するときによくワイパーやっちゃったり、
右折小回りだけど左折は大回りなので、
前に車がいないと左折の大回りはいつも戸惑い、
独り言(あれ、これどこ?どれ?どのみち行けば良いの?)が多くなります。。

※日本は赤信号は絶対とまるーアメリカは赤信号でも右折は小回りのため、
左から車が来なければ行ってよし。
(これにはかなり衝撃を受けた(*_*))
※日本は高速料金が有料ーアメリカは高速料金は無料
(無料のため、ゲートはもちろんない。だから、走っているといつのまにか高速に乗っている事もあるから驚く(*_*))
※一般道なのに、場所によっては最高速度80kmまでokの表示があり、
驚くほどみんな飛ばしていく(*_*)
でも、オーバーすると警察にすぐつかまる。
ほぼ毎日誰かが捕まっているのを見ます!
※ちなみに高速道路は場所によるが最高112kmまで出していいところが多い。
※高速道路、日本では追い越し車線が一番右にあるが、
アメリカの追い越し車線は一番左にある。
アメリカの高速は本当にみんなビュンビュン飛ばすし、
最低速度も決まっているので(だいたい80km)、
運転苦手な人にとってはすごく怖いかもしれない(*_*)
(最低速度で走る人はほとんどいない。110km前後が当たり前の世界(*_*))

※駐車場について。
約9割強の車が頭から突っ込んで駐車する。
日本みたいに、バックして駐車する人はほとんどいない。
なぜなら、一台分の駐車スペースが広いので、頭から突っ込んでも、でるとき一回で出られるため。
でも、私はその駐車方法にいまいち慣れないので、
バックして駐車している💦
後ろが詰まっているときにバック駐車すると、
何してんだー的な視線を感じるので、
そういう時は仕方なく頭から突っ込んで駐車する💦
※アメリカに軽自動車🚘は一台も見ない。
※自転車に乗っている人は1日に1人見るか見ないかくらい、とても自転車🚲率は低い。(なので、スーパーに自転車置場はない。)
※日本で、子育て世代に必須なのがスライドドア。
もちろんアメリカにもスライドドア式の車を見かけるが、非常に少ない。
駐車場の一台分スペースが広いから、
隣の車にドアをぶつけることがほとんどないからだろうなと思った。

以上、道路事情を書き留めておきたかったので、
ようやくまとめることができました!